ゲルゴウィア(Gergovia)

提供: Total War ARENA JP wiki
移動先: 案内検索

Gergovia.jpg


公式より

ゲルゴウィアは攻撃側と防衛側の両方に、戦術的観点から取れる選択肢が複数あり、それは両陣営に等しく存在します。双方とも、敵側の拠点を制圧するには蛮族の町を通る必要があるのです。つまり、真正面から強烈にぶつかり合うか、遠方から敵を包囲して友軍を援護するかを選択できます。 ゲルゴウィアの外周には種類に富んだ様々な地形が存在します。林道、丘、崖、川辺などなど、自然に溢れた地形がプレイヤーを迎えるでしょう。町の狭い道は絶好の待ち伏せ場所であるのと同時に、一度周囲を確保してしまえば一転して強固な防衛地点に様変わりします。壁、入口、そして高所の攻略は敵側からすると骨が折れること必至です。敵を待ち伏せポイントに誘導したりと戦略性が幅広い地点ではありますが、気を付けてください。罠にかけようと動いているのは、あなただけではないのですから。

壁に囲まれ、その周囲を更に自然に囲まれたこの町はアルウェルニ族の拠点でもあります。シーザーのキャンペーンに登場するガリアの地の民です。平地から標高約 365 メートルに位置し、ウェルキンゲトリクス率いるガリア軍とジュリアス・シーザー率いるローマ共和国軍の戦いではその立地が大いに優位に働きました。紀元前 52 年、ジュリアスのローマ共和国軍に包囲されてしまいますが、陥落することはなく、逆に彼の軍に多大な被害を与えながら撤退に追い込んだのです。

背後からの攻撃に注意してください。町の形を考えると、敵の騎兵は容易にあなたの軍を包囲することができるでしょう。

中央の丘は勝利へのカギを握るエリアです。槍兵と遠距離兵の組み合わせを用いて、要所へ続く多数の道を防衛しましょう。

すべての道は、勝利と続いています。とはいえ、ゲルゴウィアの道はそう容易くはありません。町を徘徊する敵に注意を怠らないようにしましょう。


概要

簡単に言うとTWシリーズで言うところの攻城戦マップが近い。しかし攻城側と防衛側に別れて争うのではなく城を挟んだ城外の陣地周辺が初期位置である。 城内部の道及び周りの森や茂みは狭く慎重な進軍が求められる。しかし何処にいても視界が悪いので旗を取らなければ大きく不利になる。いかに旗を保持しつつ敵を効率よく倒すかが重要であろう。 他のマップよりも価値のある旗は中央の高台に2つ、建物がない方の曲輪に一つある。ただし旗のある場所は壁で侵入及び撤退が制限されており、敵歩兵等に退路を塞がれると非常に困る。ギリギリまで旗の視界を得るために粘ることは難しい。

歩兵


基本的にどこへでも進軍できる。しかし狭い道で包囲されるのには気をつけたい。そのために敵の位置を確認できる旗はできるだけ保守したい。

騎兵


非常に扱いが難しい。蛮族騎兵・軽騎兵は外側の森を進んで敵陣地周辺を荒らしたいのだが、高確率で敵に遭遇する上に道が狭いので非常に面倒くさい。かといって城内部で動きやすいかと言われると難しい。(崖などに引っかかって思うように動かないことがよくあるので注意) 低Tier帯なら旗を速攻で取って見つけた保護されていない投射歩兵を襲うのが無難か。敵攻城兵器は敵陣地近くの森によくいるので探してみるといいかもしれない。 重装騎兵は諦めよう。

投射歩兵


壁や崖が多いので貼りつかせる場所はいくらでもある。適切に保護されれば無敵である。狭い道で前と後ろを歩兵に守ってもらいつつ前進することもできる。

攻城兵器


攻城戦マップ風なのにも関わらず使うのが難しい。とりあえず初期位置から城の中へ移動するのは無駄なのでやめよう。 無難なのは初期位置近くの森に隠れて攻撃することだろうか。しかし守るのは難しく壁や木など弾が引っかかる障害物も多い。諦めよう。

歴史上のゲルゴウィア

詳しい方加筆求む